身内だけで行う家族葬!【東京版】

top > 家族葬情報 > 増える家族葬と東京の葬儀・告別式事情に関して

増える家族葬と東京の葬儀・告別式事情に関して

少子高齢化の影響を最も受けているのが、葬儀社ではないでしょうか。
家族葬プランを選択するケースが増えていて、小さなお葬式が主流になっています。
地方においてはまだまだ規模が大きくなることがありますが、東京などの都市部では家族葬が主流になりつつあります。
30万円以内で全てが執り行えるようですし、費用面でのメリットは大きいのではないでしょうか。
葬儀社によっては互助会システムを採用しているところがありますし、毎月の積立てをしておけば更に負担が少なく済みます。
故人のために出来るだけのことをしてあげたい気持ちは分かりますが、遺族にとってはこれらかの生活があるのも事実です。
必要最低限の葬儀であれば十分ですし、それを如実に表しているのが家族葬の増加ではないでしょうか。
終活を含めて、元気なうちに家族間で話し合いを持っておくべきです。



家族葬を東京都内で行う場合はリーゾナブル

昨今ご家族だけで葬儀を済ませる家族葬が東京で増えています。
というのもこれまで膨大な費用がかかるといわれてきた通常のお葬式を執り行うよりも故人との最後の時間をゆっくりと気心しれた家族、親類、そして極親しい方とのみゆっくりと過ごすこの葬儀のスタイルの方が、よりよい最後のメモリーとなるとご判断される方が増えてきているからです。
家族葬儀でも通常のお葬式のように、祭壇を設け、手順は通常の葬儀と同様に行います。
参列者の数が少なめ、という事で場所などを比較的小さめな場所で行うために費用も大変リーゾナブルですみます。
また予め料金設定が明確などで、あとになってから、こんなに請求がきた、と驚くこともありません。
最後の時をゆっくりと和気藹々とした雰囲気で過ごし、故人を送り出すこの方式の需要はこれからも高まっていくでしょう。



東京での家族葬のしやすさとメリット

葬儀を考える場合に東京などの都会と地方では事情が異なります。
地方の場合にはどうしても人間関係が濃くなり、文化的にもしきたりに縛られるという面があります。
それは結婚式や葬式に特に現れます。
周りに恥ずかしくないような結婚式や葬儀をしなければならないという暗黙のプレッシャーがあります。
とくに葬儀では無駄なお金をかけてまで恥をかかないようにしなければならず非常に不合理なシステムになっています。
なかなかコストを考えてできないという苦しさがありますが、都会の場合には、良くも悪くもまわりの人とのかかわりも希薄なので、それらの儀式も周りを気にせずにできます。
また少人数で行うことができるので、経済的にも家族葬をしやすくなります。
東京の葬儀の場合には、家族層を中心にコストを抑えて葬儀をする方が残された家族のためにもメリットがあります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る