身内だけで行う家族葬!【東京版】

top > 家族葬情報 > 家族葬の平均相場

家族葬の平均相場

バブルと言われた時代には、何もかもが高騰したものでした。その高騰したものの中には、葬儀費用も含まれていました。そこには、葬儀社の言いなりの式を行って来たことで、その費用がどんどん高騰してしまったと言うのが、その要因と言われます。
その時は、葬儀社側も良い葬式を行いたいと考えた末のことであり、葬儀社だけを攻める訳にもいかないようです。そんな時代での東京で葬儀を行った時には、最低でも200万円を超えるとまで言われたものでした。そのため、葬儀費用に困惑してしまう人も多くありました。
たくさんの花で飾られた祭壇から、高級感のある棺など、費用はいくらでもかけられたものでした。ですが、バブルが弾けて依頼、その考え方が変わって来たようです。

この頃の葬儀の形は、個人葬と言われ、盛大に故人を見送る傾向が強くありました。
しかし時代も変わり、人生の時間が長くなったこともあり、葬儀に参列される人の数もすっかり変わって来ていました。人生を長く過ごすことで、知り合いの数が減り仕事等での付き合いもなくなると言うことから、以前のような盛大な葬儀を行なう必要もなくなって来たと言うこともあります。
また、亡くなる前には、小さな葬儀を希望する人も増えたことから、今では個人葬と言うものが、家族葬と言われる形へ変わって来ています。この家族葬と言う言葉に、大きな決まりがある訳ではありません。
そこには、家族と言う身内だけで行なう葬儀や更に友人知人を加えた葬儀などがあり、ごく少数で行う葬儀とだけ言えるものとなっています。

最近の葬儀費用、東京や大阪と言った大都市圏と地方の市町村では、その料金には相当な差が出ています。物価などの違いがあることから、止む得ないことですが、東京のような都心での個人葬と言われる葬儀は、以前として200万円近くかかるようになっています。
しかし、この葬儀の方法を家族葬と言う形で行うことで、その費用がなんと50万円前後に落ち着くことになると言うのですから、その費用の違いには驚かされることになります。
平均相場で、これだけの違いが出て来るのですが、その中には香典で頂く費用も少なくなることを念頭に入れておくべきです。参列される人が少なくなることは、費用もかかりませんが、香典の数も間違いなく少なくなると知っておきましょう。
しかし、家族葬の良い点は、万が一赤字になったとしても、その額は少なくて済むと言うことになります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る