身内だけで行う家族葬!【東京版】

top > 家族葬情報 > 家族葬を東京で考えているときにするべきこと

家族葬を東京で考えているときにするべきこと

家族葬を東京で考えているときには、まずはしっかりとサポートをしてくれる葬儀社を見つけるということが大事です。
葬儀をするということは、遺族にとっては悲しみのなかで行わなくてはいけないこと、何を準備しなければいけないかなど、不安なことが多くなってしまいます。
家族葬をするとなったときには、まずはどのような方法であり、一般葬儀とはどのような違いがあるのかなどをしるということが重要となってきます。
葬儀社には、問い合わせをすることで、親身になって話を聞いてくれたり、せつめいをしてくれる葬儀社も多くあるため、まずは電話連絡をしてみて、対応を確認してみるというのが大事です。
時間があるときには、直接葬儀社に訪れてみて話を聞いてみるという方法をとることで、さらに対応力を見るということもできるようになっています。



家族葬を東京でするときの費用の目安

家族葬の方法は、葬儀社によって様々なプランが用意されており、とくに東京では選べる選択肢が豊富となっています。
家族葬という方法は、一般葬儀とは違い、家族が参加をしながら、少人数で葬儀を進めることができる方法です。
告別式はしないので、一般葬儀と比べると安くおさえることができます。
しかし、人によってはシンプルすぎて不満に感じてしまうという方もいるため、家族葬を選ぶときには、本当に家族のみでの葬儀でいいのかを確認しながら進めていくのが大事となってきます。
華族葬儀という方法では、十万円から五十万円ほどの金額で葬儀を行うことができるため、支払いの負担が少なくなりますが、東京の場合には、地方に比べると高くなっていることがあります。
一番安い葬儀社から、一番高い葬儀社を調べ、目安を知ることで、費用の平均を知ることができるようになっています。



家族葬が増えているのは東京だけではない

日本は高齢化によって定年してから亡くなるまでの期間が長いので、葬儀に職場や会社関係の人の参列が減ったため、近年では家族葬を行う遺族が増えています。
これは東京だけのことではなく、全国的に増えているもので、家族葬に対応している葬儀社も増えています。
また、高齢者施設を利用する人が増えており、その施設で亡くなる場合もあるので身内だけでシンプルな葬儀を選ぶケースもあります。
家族葬はしきたりやマナーにとらわれないため、家族でアルバムを見ながら故人を偲んだり、故人が好きだった曲を流したりする事もできます。
そのため故人の遺志にそった葬儀をする事ができ、大切な人との別れの時間を過ごすことができます。
最近では葬儀社の広告を目にする機会も増えていますが、広告だけで決めてしまうと後で後悔する事もあります。
もしものために資料請求をしたり葬儀社に行って相談するといいでしょう。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る